<< 86&BRZ | main | First BC in 乗鞍 >>
ふらい人 8月号が発刊しました!
0
    furaibito
    ふらい人8月号が発刊されました。
    今月号のGALLERYページには不肖私の写真を使っていただい​ています。
    山岳渓流はいい加減な気持ちで臨むと大変な危険を伴う場合があり​ますが、しっかりとした計画をたて無理な行動を慎めば大きな達成​感を味わえるとともに美しい景色、美しい渓魚に出会える素晴らし​いところでした。
    私の感じた感動を伝えるには、まだまだ写真が未熟ではありますが​、ほんの僅かでも感じていただけたら幸いです。
    | - | 04:45 | comments(2) | - |
    コメント
    こんばんは。お久しぶりです。美しい心洗われる写真ですね。
    感動しました。

    ブログアップされてすぐお邪魔してたのですがお元気そうなので安心してました。

    さて主人ですが少し腫瘍の方が増悪傾向が見られるので、アフィニトール再開しました。
    (治験を降りた理由は効かなくなったという訳ではなかったので。)

    今回別の治療をしたあとなので性質が少し変わってる可能性もあり、副作用の出方が違ったり、以前のように効かなかったすかもしれませんね。

    スーテントも使えるようになったので選択肢も広がりましたしね。

    間質性肺炎に気をつけ頑張ります。

    Curtisさんも穏やかな日々過ごせますよう。
    | パキュロジプシナ | 2012/09/15 10:17 PM |
    こんばんは。ご無沙汰しております。
    写真ご覧いただきありがとうございます。
    すべてが去年、訪れた黒部の赤木沢の写真です。

    今年も黒部の最源流へ行ってきました。
    4泊5日の単独行です。
    テントや釣り道具、写真機材一式を持っていったら25圓砲發覆辰討靴泙だ議召なり大変でしたが、それだけの達成感も得られました。
    低血糖にならないよう注意していましたが特に問題も起こらなかったです。
    今秋も涸沢に行こうと計画しています。

    ご主人様もアフィニトール再開されたんですね。
    自分にはかなり合っているみたいで最近のCTでも特に変化は見られませんでした。
    もちろん個人差はあると思いますが現在最も信頼できる薬だと思うので効いている間は使い続けたほうが良いと思います。

    スーテントが使えるようになったのは全然知りませんでした。
    選択肢が増えればそれだけ長く元気でいられる可能性があるわけでとても嬉しいです。

    気のせいかもしれませんが副作用も長く続けていると軽くなったような気がします。(馴れただけ?)
    バキュロジプシナさんもご主人の副作用に気を付けて頑張ってください。

    ps1:ふらい人リンクが切れていたので再リンクしなおしました。
    ps2:昨年末からFB始めました。
    | Curtis | 2012/09/16 10:44 PM |
    コメントする